『世界エネルギー展望』の読み方 WEO非公式ガイドブック 

¥990 (本体 + 税10%)

送料:330円

※5冊以上お買い求めの方はお問い合わせください。

我が国のエネルギー体制のありかたにつき、近年盛んに議論がされてきました。エネルギーの情勢や政策は国固有の要素が詰まったものであると同時に、どの国もエネルギーの「孤島」ではなく、海外とのダイナミックな関わりを抜きには語れないのも事実です。的確な情報をつかむことがますます重要になっています。

在庫切れ

発売年月:2015年02月
著者:黒住淳人
商品コード: 443 商品カテゴリー: ジャンル:

著者紹介:
国際エネルギー機関(IEA)シニア・エネルギー・アナリスト、(株)日本政策投資銀行。京都大学経済学部卒、ノースウェスタン大学経営学修士。1987年日本開発銀行入行。1996年ー2000年、IEAに派遣され、ワールド・エネルギー・アウトルック(WEO)の1998、2000年版の計量モデル推計、本文執筆に携わる。その後日本政策投資銀行国際協力部、調査部、ワシントン事務所、経営戦略部、企業金融第5部、産業調査部、国際統括部

目次

第1章 世界エネルギー展望(World Energy Outloog:WEO)は何を伝えてきたか(本書の趣旨/国際エネルギー機関(International Energy Agency:IEA)とWEO ほか)/

第2章 WEOの作られ方と基本構成(世界エネルギーモデルをベースとした3つのシナリオと分析/分析フレームワーク ほか)/

第3章 WEOが描く世界地図の大転換ー最近の発表から(塗り替えられる世界地図/石油の「2章立て」と課題 ほか)/

第4章 エネルギーと気候変動問題(450シナリオとロック・イン/現状分析 ほか)/

第5章 6つの視点(重要な代替「燃料」としてのエネルギー効率改善/水の供給制約 ほか)