産業クラスターと活動体

¥990 (本体 + 税10%)

送料:330円

※5冊以上お買い求めの方はお問い合わせください。

クラスターというのは元々(ブドウなどの)「房」という意味であるが、ブドウの粒のように、ある産業の企業やその企業に部材やサービスを提供する企業、規格団体、研究機関、教育機関、産業振興を手掛ける自治体などが一定の地域に寄り集まっている状態を「産業クラスター」と呼んだのである。地域の総力を挙げてイノベーションを促進する。

在庫切れ

発売年月:2014年07月
著者:笹野尚
商品コード: 434 商品カテゴリー: ジャンル:

著者紹介:
一般社団法人中部経済連合会調査部審議役。1960年三重県生まれ。一橋大学経済学部卒、日本開発銀行(現(株)日本政策投資銀行)入行。同行名古屋支店、経済産業省出向、同行国際業務部、調査部、東北支店、設備投資研究所、地域企画部などを経て、2013年7月より現職

目次

第1章 産業クラスターの概念と現代的意義/

第2章 フィンランド・オウルのICTクラスター/

第3章 福岡先端半導体クラスター(概要/名プロデューサーの大津留さんーここ数年間の歩み/マスター、ドクターのジョブマーケットをフクオカにという安浦先生/情報の結節点にいる友景先生ー半導体実装クラスターのリーダー)/

第4章 真庭木質資源活用産業&観光クラスター(21世紀の真庭塾/木質資源活用産業クラスター/勝山のまちづくり/バイオマスツアー真庭の誕生と発展)/

第5章 活動体の重要性