菅首相が施政方針演説で言及 「炭素価格付けを検討」の波紋

2021年2月4日

昨年のカーボンニュートラル(実質ゼロ)宣言に続き、菅義偉首相がカーボンプライシング(CP)にも言及した。1月18日に衆参両院本会議で行った施政方針演説において、実質ゼロに向けた新たな方針として、2035年までに新車販売で電動車100%を目指すことなどと併せ、「成長につながるカーボンプライシングに取り組む」と述べたのだ。 施政方針演説で、菅首相が新たな方針としてCPに言及した
この記事は有料記事です。
続きを読むには...

既存ユーザのログイン

2   +   3   =