【特集2】インフラ部門の脱炭素技術に注力 メタネーションで産学官連携を加速

2022年11月1日

【三菱化工機】

「ブルー水素」の製造に欠かせないCO2回収技術の開発に取り組む。福岡市では、下水原料の水素を世界で初めて商用化した。

水素製造装置、気化器、熱調設備などのLNGプラントをはじめ、多様な技術で日本の産業を支えてきた三菱化工機。同社がカーボンニュートラルという社会的要請に応えるべく、さまざまな技術開発を進めている。

「全社的に取り組んでいる」(石川尚宏水素・エネルギー営業部長)というのが、CO2回収技術だ。同社の主力である水素製造装置「HyGeia―A」は都市ガスを改質して水素を製造するが、この過程でCO2を排出する。

製造過程でCO2を排出しない「ブルー水素」を作るには、CO2回収が不可欠だ。三菱化工機はこれまで、要素技術として、PSA(圧力変動吸着)装置、分離膜、アミンを吸収液とした回収設

備に取り組んできた実績があり、HyGeia―Aと同様の小型装置を目指して開発が進んでいる。

再エネから作る「グリーン水素」の製造に必要な水電解技術の開発にも取り組み、実証を行っている。

メタネーション関連の技術開発にも力を入れる。メタネーションは三菱化工機が得意とする都市ガス製造技術と技術的な親和性が高く、これまで培ってきた技術を生かせるという。

また化学メーカーなどの顧客から「工場から出るCO2を何とかしてほしい」という要望が多く聞かれるが、石川部長は「メタネーションが一つの解になり得る」と期待を寄せる。

下水原料の水素を商用化 エネルギーの地産地消へ

福岡県では、福岡市、西部ガス、豊田通商などと連携し、下水処理場で発生するバイオガスから水素を製造している。作られた水素は、水素ステーションで燃料電池自動車に供給される。下水処理の汚泥を原料とする水素の商用化は世界初だ。

金沢市では、下水消化ガスからメタンを製造し、同社の液ガス熱調設備で熱量調整を行った上で、既存のパイプラインに導管注入する実証実験を行った。これらの取り組みは、エネルギーの地産地消につながる。

また自社のCO2削減策として、2月からクレジットでオフセットしたカーボンニュートラル都市ガスを採用。川崎製作所に導入し、敷地内の水素ステーションで水素製造の原料としても活用している。年間約475tのCO2削減になるという。

脱炭素社会の実現に向け、あらゆる取り組みを行う三菱化工機だが、石川部長は「どの分野も課題が多く、まだ決め手に欠ける」と本音を散らつかせる。今はどの技術が最も脱炭素に資するか、模索しながらアプローチをかけている段階だ。

脱炭素社会は、一民間企業だけでは実現できない。三菱化工機は、自治体や企業、研究機関などとの連携を加速させ、脱炭素の実現に貢献する。