【特集1まとめ】異次元の石炭調達 超高値時代の構造変革を読む

2023年2月2日

昨年来、一般炭市場に大きな異変が起きている。
優良鉱山が限られる原料炭より安価なはずの一般炭価格が
ロシアの軍事侵攻を機に急騰し、両者の価格が逆転したのだ。
中でもアジア向け高品位豪州炭は異次元の400ドル超を記録。
「超高値時代」の様相を見せるが、今後の市場価格の行方はいかに。
そして発電事業を巡ってはどんな事態を覚悟すべきなのか。
政府、業界、有識者などへの取材から課題を読み解く。

(1月23日までの情報を基に取材)

【アウトライン】昨年来の高騰局面を深掘り 石炭市場を襲う地殻変動

【インタビュー】石炭調達・利用政策の展望 いずれは新たな安定状態に

【覆面座談会】世界各国が石炭回帰の現実 500ドル時代は到来するのか

【レポート】失われる石炭火力の優位性 安定供給危機の打開策とは