【特集2まとめ】水素エネ先駆国家の本領 社会実装へ加速する技術開発

2023年3月3日

2050年カーボンニュートラルを合言葉に
国内の水素関連の技術開発が急進している。
水素発電や分散型エネルギーとしての利用、
都市ガスからの燃料転換、燃料電池(FC)トラックなど、
新たな実証やサービスによって、次世代フェーズに移行しつつある。
世界に先駆けて水素技術開発に力を注いできた日本。
欧米で水素エネルギーへの関心が高まる中、その本領が試される。

【アウトライン】水素利用で実現する脱炭素 技術力を結集し開発加速

【座談会】水素エネルギーの本格利用へ 実証から実装へのビジネス展開

【レポート】自治体が推進する水素活用 グリーンP2Gに引き合い多数

【トピックス】再エネ由来の水素ステーション 大幅なコストダウンも実現

【レポート】世界各地でCNビジネスを探索 e‐メタンで海外連携を強化

【レポート】水素燃焼試験サービスを開始 サプライチェーン構築も推進

【レポート】東ガスが24年に水素供給を開始 官民で取り組む脱炭素の街づくり

【レポート】水素燃焼炉でLiB電池製造 モノづくりの脱炭素ソリューション

【レポート】25年までに専焼ガスタービン開発へ 逆火・NOX対策で水素割合増やす

【レポート】世界初となる2ノズル同時充填 高速化で大型車両の普及に貢献

【レポート】大型車両への大流量充填 技術センター新設で開発加速

【トピックス】ガスエンジン分野で開発加速 CO2フリーの分散型視野に

【トピックス】地の利を生かした酪農で水素製造 未開の地・北海道で普及に挑む