水素基本戦略を改定へ 国際標準化に焦点

2023年5月11日

政府は4月4日、水素エネルギーの導入加速のため、5月をめどに改定する「水素基本戦略」の中に、①15年間で15兆円規模の投資、②2040年の水素供給量を年間1200万t程度まで引き上げ、③水電解装置の導入目標を1500万kWに設定―などを盛り込むことを決めた。 4日朝に行われた関係閣僚会議で、岸田文雄首相が水素基本戦略の改定を宣言。各種審議会で議論を重ね、5月の改定後は法制化、予算化
この記事は有料記事です。
続きを読むには...

既存ユーザのログイン

8   +   8   =