第43回 エネルギーフォーラム賞

2023年5月15日

田中伸男/笹川平和財団顧問

今回の候補作には、個人による単著が少なく内容的にも大賞を受賞する作品はなかった。ウクライナ危機というエネルギーの世界を大きく変える事態が起こり、これを受けた著作が多く見られたが、その中で小山堅氏の2作が光っていた。『エネルギーの地政学』と『激震走る国際エネルギー情勢』である。両作とも十分に何らかの賞に値すると考えられたが、選考委員会ではどちらかを選ぶことになった。私は後者が一般読者に読みやすく、コロナ禍からウクライナ危機、米国バイデン政権の地球環境シフトという大きな政治の動きとエネルギー情勢の絡みがよく書けている点でこちらを推した。他の委員は、前者が石油・ガスの地政学をベースにがっちりした構造で分析できているとして優秀賞に値するという評価であった。確かに、優秀な分析である点は私も同意できるので、前者を採用することにした。

市村健氏による『電力セキュリティ』も電力のセキュリティーという切り口が新しく賞に値すると考えられた。普及啓発賞となったのは、現在の電力市場を前提とした分析に終始し、今後、再生可能エネルギーの大量利用や原子力の活用についての電力市場構造の改革などの視点に欠けていることがマイナスと考えられたからではないか。50―60‌Hz問題や電力グリッドの海外との連結などが初めから無理とされているのは現状追認にすぎず、面白さが足りない。

『メタネーション』は、2050年に脱炭素が実現していれば、存続が不可能なメタネーションという技術に無駄な投資を続けるガス業界を白日のもとにさらしており、“イグ・エネルギーフォーラム大賞”に値すると提案したが、採用されなかったのは残念である。ガス業界は水素のメジャープレーヤーとして生まれ変わらなければならない。

㊤優秀賞の賞状を受ける小山堅氏
㊦普及啓発賞の賞状を受ける市村健氏

1 2 3 4 5 6 7