【特集2まとめ】深化する再エネ戦略 太陽光・風力利用の新たな展開

2024年1月3日

FIT制度の後押しを受けて導入が加速した再生可能エネルギー。
温暖化を超えて地球が「沸騰化」の時代を迎えつつある中、
既存の制度に依存しない太陽光、風力などの大量導入が始まろうとしている。
PPAやデジタル化運用、さらに蓄電池を駆使した事業モデル―。
ハード・ソフト両面での取り組みが、着実に普及を進展させる。
確実に深化する企業のさまざまな再エネ戦略を追った。

【アウトライン】地球沸騰化で普及が加速 創意工夫で利用を拡大

【トピックス】豪雪地帯でも再エネを拡大へ 垂直・傾斜設置の太陽光設備が登場

【レポート】大規模補助金で再エネ支援 自らも設備導入を加速

【インタビュー】全国に1390カ所の発電所 再エネ自給率100%を目指す

【レポート】30年目標に向けて再エネを導入 国内外で500万kW構築目指す

【レポート】太陽光発電の戦略を深掘り グローバル企業の脱炭素化を支援

【レポート】北海道内の再エネ普及へ インフラを担い社会貢献

【レポート】創業来のエンジニアリング力発揮 太陽光発電事業でフル活用

【トピックス】製造から販売まで一気通貫 蓄電池の力で再エネ普及を推進