能登半島地震の爪痕深く エネインフラの復旧に全力

2024年2月4日

元日の祝賀ムードを一変させた能登半島地震は、多くの人命や家屋などへの被害だけでなく、道路や水道、そしてエネルギーと、あらゆるインフラに打撃を与えた。エネルギー関連ではLPガスやSS(サービスステーション)などでも被害が出たが、特に甚大なのが電力設備だ。 北陸電力の松田光司社長は発災後、社員に対するメッセージを出し、「グループの総力を結集し、『こころをひとつに  能登』をわ
この記事は有料記事です。
続きを読むには...

既存ユーザのログイン

3   +   10   =