【ガス】東南・南アジアが重要に 亜流が本流になるか

2024年4月20日

【業界スクランブル/ガス】 2023年のLNG輸入量のトップは中国で7000万t超、次いで日本が6500万t前後と、欧州が輸入量を伸ばす中で、東アジアは依然として世界の5割超を占めている。ところで、40年以降はどうなるだろうか。JOGMEC資料によると、東アジアに代わり東南アジア・南アジアの両地域が合わせて5割を占めるLNGデマンドセンターとなる見通しだ。 両地域の国
この記事は有料記事です。
続きを読むには...

既存ユーザのログイン

5   +   10   =