【マーケット情報/6月7日】原油続落、需給緩和感強まる

2024年6月10日

【アーガスメディア=週刊原油概況】

先週の原油価格は、主要指標が軒並み下落。OPECプラスによる協調減産の緩和および米国経済の鈍化による需給緩和が下方圧力となった。

石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国で構成されるOPECプラスは年末までの予定だった減産を2025年末まで継続すると決定。ただ、自主減産は来年10月以降に段階的に縮小されるとの方針が原油需給の緩みへの警戒心を強めた。

また、石油消費大国である米国の在庫が積みあがっていることも国内需要の鈍化への懸念が強めている。ただ、週後半に発表された雇用者統計では5月の雇用者数が大幅な増加を示し、高水準を維持している米金利はしばらくの継続するとの見方が広がった。高金利による米景気の停滞、石油需要の更なる後退への懸念が原油相場を下押している。


【6月7日現在の原油相場(原油価格($/bl))】

WTI先物(NYMEX)=75.53ドル(前週比1.46ドル安)、ブレント先物(ICE)=79.62ドル(前週比2.00ドル安)、オマーン先物(DME)=80.08ドル(前週比2.00ドル安)、ドバイ現物(Argus)=79.99ドル(前週比2.90ドル安)