電力「中央集権化」で先祖返り? 系統利用ルール変更の波紋

2020年9月4日

再エネ主力電源化を掲げる経済産業省は、送電線利用ルールでも再エネ優遇に踏み切った。業界関係者からは、送配電を中心とした中央集権的な電力システムへの回帰だとの見方も出ている。 経済産業省は、非効率石炭火力のフェードアウトと合わせて、送電線利用の先着優先ルール見直しの検討に着手した。電源の限界コストの安い順に供給する「メリットオーダー」を全国で徹底することで、送電線混雑時に後から接続し
この記事は有料記事です。
続きを読むには...

既存ユーザのログイン

8   +   2   =