【資源エネルギー庁長官 保坂伸氏】脱炭素化に挑むエネ行政 次期エネ基の青写真とは

2020年10月3日

世界的な脱炭素化の機運の中、安定供給と環境をいかに両立するか。保坂伸エネ庁新長官に考えを聞いた。 ほさか・しん1987年東京大学経済学部卒、通商産業省(現経済産業省)入省。2013年秘書課長、19年貿易経済協力局長などを経て20年7月から現職。 ―新内閣の下、エネルギー基本計画の見直しに着手することになります。 保坂 東日本大震災から10年が経過しようと
この記事は有料記事です。
続きを読むには...

既存ユーザのログイン