エネ政策の見直しで試される 菅首相の本格政権への覚悟

2020年11月9日

【論説室の窓】竹川正記/毎日新聞論説委員 歴代最長の安倍前政権が積み残した課題のエネルギー政策見直しにどう決着をつけるか。主要国が脱炭素化を進める中、本格政権を目指す菅義偉首相の覚悟が問われそうだ。 「世論の支持率を従来のように気にせずに済む政権末期のタイミングで、ようやくエネルギー政策の見直しに動き出したか」。梶山弘志経済産業相が7月、旧式の石炭火力発電所の
この記事は有料記事です。
続きを読むには...

既存ユーザのログイン

7   +   4   =