【記者通信/11月4日】山本議員が処理水対策を提案 どうなる自民党内の不協和音

2020年11月4日

福島第一原発から出る処理水の海洋放出に反対を唱えている自民党・総合エネルギー調査会会長代理の山本拓衆院議員が自身のホームページで、独自の処理水対策を提案していることが分かった。 まず、2022年秋ごろまでに敷地内タンクが満杯になるとみられている点について、山本氏は東京電力ホールディングスが10月29日に公開した資料を踏まえ、「ボルト締めタンクから水漏れしにくい溶接タンクへの切り替えが進めら
この記事は有料記事です。
続きを読むには...

既存ユーザのログイン

5   +   7   =