【イニシャルニュース】出身企業へ利益誘導? 規制改革議論の実態 ほか

2020年12月6日

出身企業へ利益誘導? 規制改革議論の実態 安倍政権下では、未来投資会議を司令塔に、第一次産業に企業を参入しやすくするさまざまな規制緩和が実施された。だがその実態については「政権と結び付いた経営者『M、T、N』の企業が私腹を肥やしただけ。利益相反だ」との指摘が出ている。 M氏はO社会長、T氏はP社会長、N氏はS社社長。T氏は現在もO社社外取を、N氏もかつてO社社外取を務めていた
この記事は有料記事です。
続きを読むには...

既存ユーザのログイン