混迷のナゴルノ・カラバフ問題 資源開発事業にも潜在的な脅威

2020年12月13日

【ワールドワイド/資源】 アルメニアとアゼルバイジャンの係争地、ナゴルノ・カラバフで9月末に勃発した武力衝突が泥沼化した。11月10日にはロシアの仲介により4回目の停戦で合意したが、最終的な解決に向けては依然先行きが不透明だ。 発端をオスマントルコとアルメニアの民族および宗教的対立にさかのぼるといわれるこの長く根深い問題は、ソ連末期に暴力化し、両国間の大規模な武力紛争
この記事は有料記事です。
続きを読むには...

既存ユーザのログイン

6   +   10   =