【特集1】世界各地で模索続く電力需給対策 制度設計の教訓にどう生かすか

2021年4月2日

テキサス州で発生した大寒波に伴う大停電は、危機を想定した電力システムの在り方に課題を投げかけた。1月の電力不足を何とか乗り越えた日本は、これらを制度設計の教訓としてどう生かすべきか。 2月中旬、北米の広い範囲を記録的な大寒波が襲った。氷点下の厳しい寒さで暖房需要が増大する一方、風力発電所のブレードやタービンの凍結、燃料制約によるガス火力発電所の計画外停止により電力需給がひっ迫。南部
この記事は有料記事です。
続きを読むには...

既存ユーザのログイン

0   +   4   =