【記者通信/3月30日】東電PGが飛騨信濃FC公開 新設直流幹線で中部電側と接続

2021年3月30日

東日本大震災で東北・東京エリアの発電所が被災し電力不足に陥った経験を教訓に、周波数の異なる東西間で融通できる電力量を拡大するべく、東京電力パワーグリッド(PG)と中部電力PGが5年前から建設工事を進めてきた「飛騨信濃周波数変換設備(FC)」が完成し、報道陣に公開された。 記者が足を運んだのは、東電PGの新信濃変電所(長野県朝日村)。同社は、同変電所内に交直変換設備を新設するとともに、中電P
この記事は有料記事です。
続きを読むには...

既存ユーザのログイン

6   +   2   =