福島復興の「障害」除去へ トリチウム水海洋放出を決定

2021年5月4日

「福島の復興を成し遂げるためには避けて通れない」 4月13日、菅義偉首相はこう述べ、関係閣僚会議で福島第一原子力発電所サイト内のALPS(多核種除去設備)で処理したトリチウム水を海洋放出する方針を決定した。事故前の福島第一原発の放出上限である年間22兆ベクレルを30~40年かけて、2023年から毎年放出していく。 処理水は2022年秋に保管容量の限界に達する
この記事は有料記事です。
続きを読むには...

既存ユーザのログイン

10   +   8   =