大手事業者にカルテル疑惑 制度改革の行方に影響も

2021年5月7日

電力・ガスの小売り市場で圧倒的な市場支配力を持つ大手事業者が、価格カルテルを結んでいた疑いが浮上している。小売り市場でのカルテル疑惑は、発電・卸市場でも同様なことが行われているのでは、との懸念を招きかねない。今後の制度改革に影響を与える可能性もある。 公正取引委員会は4月13日、関西電力、中部電力、中国電力に独占禁止法違反の疑い(不当な取引制限)で立ち入り検査を行った。2018年ご
この記事は有料記事です。
続きを読むには...

既存ユーザのログイン

7   +   3   =