動き出した需給調整取引の課題 改革の鍵は「需要側資源の参加」

2021年5月11日

【識者の視点】西村 陽/大阪大学大学院招聘教授 全国の一般送配電事業者の調整力入札の場として、需給調整市場が開設され取引が始まった。 より低廉に供給信頼度を高めるかは、蓄電池など需要側資源の参加をいかに促せるかにかかっている。 一般送配電会社9社と電気事業連合会から枝分かれした送配電網協議会が3月17日、電力需給調整取引所の開設を発表。31日に初
この記事は有料記事です。
続きを読むには...

既存ユーザのログイン

0   +   7   =