太陽光開発などが影響か? 熱海土石流で浮上する人災疑惑

2021年8月4日

7月3日午前10時半ごろ、静岡県熱海市で未曽有の土石流災害が発生した。長引く大雨の影響で伊豆山上部の盛り土が崩落。海岸へと続く逢初川を大量の土砂などが流れ落ち、瞬く間に人や家屋を飲み込んだ。報道などによると、7月20日現在、死者19人、不明者9人で、被害を受けた家屋は約130棟に上る。 熱海土石流の発生現場から下流を望む。右側にZEN社の太陽光発電所 「今回の
この記事は有料記事です。
続きを読むには...

既存ユーザのログイン

7   +   10   =