狙うは低炭素と災害対応 エネルギー供給強靭化法が可決

2020年7月4日

電気事業法、FIT法(再生可能エネルギー特別措置法)、石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)法の改正案を盛り込んだ、「エネルギー供給強靱化法案」が6月5日、参議院で可決、成立した。 電事法改正のポイントは、送配電事業者間の災害時の連携強化、収入上限規制(レベニューキャップ)制度導入を軸とする託送料金制度改革、配電事業ライセンスの創設。一方の再エネ特措法は、競争電源の市場連動型のFI
この記事は有料記事です。
続きを読むには...

既存ユーザのログイン

9   +   7   =