【マーケット情報/2月11日】原油続伸、供給不足感さらに強まる

2022年2月14日

【アーガスメディア=週刊原油概況】 先週の原油価格は、主要指標が軒並み続伸。供給不足感が一段と強まり、買いが優勢となった。米国原油を代表するWTI先物は、11日時点で93.10ドルを付け、2014年9月末以来の最高価格を記録。また、北海原油の指標となるブレント先物も94.44ドルとなり、前週に続き、2014年10月初旬以来の高値となった。 ロシアのウクライナ侵攻の可能
この記事は有料記事です。
続きを読むには...

既存ユーザのログイン

2   +   3   =