【特集1】伝えたい「閉じたサイクル」の実力 貴重なウラン資源の有効利用

2022年3月2日

「もんじゅ」後の高速炉開発は 国が資金面で主体的役割を 澤田 核燃料サイクルを進める上で軸になるのは、再処理工場とともに高速炉です。しかし、高速増殖原型炉「もんじゅ」の廃炉が決まり、おそらく、一般の人たちはもう止めてしまったという印象を持っています。一方、海外を見るとロシア、中国、インドは着実に開発を進め、アメリカなどは具体的な計画を示しています。もんじゅの廃炉
この記事は有料記事です。
続きを読むには...

既存ユーザのログイン

4   +   2   =