【記者通信/4月17日】CE戦略会合で原発推進論が続出 消費者委員も再稼働に理解

2022年4月17日

「可能な限りの依存度低減」から「最大限の活用」へ――。わが国の原子力政策が大きな転換点を迎えている。それを象徴するのが、4月15日に開かれた経済産業省のクリーンエネルギー戦略検討合同会合(座長=白石隆・熊本県立大学理事長)だ。 資源エネルギー庁事務局は配布資料の中で、「ウクライナ危機・電力の需給ひっ迫を踏まえた、政策の方向性の再確認」と題する論点メモを提示。その締めくくりにおいて、
この記事は有料記事です。
続きを読むには...

既存ユーザのログイン

6   +   8   =