水素社会を拓くアンモニア

2021年2月3日

政府は、2050年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロにする目標を掲げました。

これに向けた最有力の取り組みといわれているのが、水素化によるエネルギーの利用、水素のエネルギーキャリアや燃料としてのアンモニアです。水素化とは、気体または液体の水素をそのまま燃料として用いるだけでなく、エネルギーキャリアの形で用いることも含めています。

また、アンモニアについては、水素のエネルギーキャリアや燃料として有効活用することが有望です。弊社では、そうした水素化やアンモニアの活用を中心に、カーボンニュートラルの実現に向けた書籍『カーボンニュートラル実行戦略:電化と水素、アンモニア』を3月上旬に刊行する予定です。

今回のセミナーでは、本書の著者でもある塩沢文朗氏をはじめ業界関係者の方々に講演していただきます。

なお、上記書籍につきましては、セミナー終了後、書籍が出来上がり次第ご送付させていただきます。

名 称
水素社会を拓くアンモニア

開催日時
2月24日(水) 13:00~16:00

場 所
ラーニングスクエア新橋(港区新橋4-21-3新橋東急スクエア4F)、ZOOMによるオンライン

概 要
<プログラム>
【13:00~13:30】「CO2フリーアンモニアによる低炭素社会の実現」
東京ガス株式会社アドバイザー 村木 茂 氏
【13:30~14:00】「なぜ、アンモニアか? ~CO2フリー燃料、水素キャリアとしてのアンモニアの可能性~」
住友化学株式会社主幹、元内閣府大臣官房審議官 塩沢 文朗 氏
【14:00~14:30】「JERAゼロエミッション2050」の取り組みとアンモニア混焼の展望(仮)」
株式会社JERA 経営企画本部 調査部長 坂 充貴 氏
【14:30~15:00】「日本の燃料アンモニア導入・拡大に向けた取組について(仮題)」
経済産業省資源エネルギー庁 資源・燃料部 政策課 石油・LNG企画官 渡邉 雅士 氏
【15:00~16:00】パネルディスカッション
モデレーター/塩沢氏、参加者/村木氏、渡邉氏

料 金
会場参加費:2万2000円(書籍付き、税込)、Web参加費:2万2000円(書籍付き、税込)

定 員
会場:20名(先着順)、Web:200名

申込方法
下部ボタンから申し込みください。

備 考
キャンセルはお受けできませんのであらかじめご了承ください。
振り込みの方は請求書を発行します。

セミナー

お申し込み(決済へ)
お問い合わせ