【終了】政局の争点になった再エネ乱開発問題の実状と対策

2021年9月18日

名 称
【終了】政局の争点になった再エネ乱開発問題の実状と対策

開催日時
9月28日(火) 16:30~19:15頃まで

場 所
オンライン形式

概 要
趣旨/FIT政策の後押しを受け、急激に普及した再生可能エネルギー。しかし、今、その反動による「歪」が現れ出している。とりわけ、メガソーラー案件だ。山々を切り崩し「環境大規模破壊」さながらの案件、地元とのコミュニケーションを蔑ろにした案件、「安かろう悪かろう工事」に起因して豪雨による土砂災害を誘発しそうな案件…。傍若無人な再エネ開発の問題点が今、浮き彫りになっている。各地の「環境悪」再エネ事例や、その問題点、課題解決に向けて何が必要なのか。

プログラム
1.「仙台市の地域共生型再エネ普及を目指して」
千葉修平・仙台市議会議員(自民党)

2.「施工と維持管理の視点から見た再エネの実態」
鈎(まがり)裕之・公益社団法人東京電気管理技術者協会千葉支部長

3.「全国で懸念されるメガソーラー乱開発の現状」
山口雅之・全国再エネ問題連絡会共同代表、函南町軽井沢メガソーラーを考える会共同代表


4.座談会 「総裁選・衆院選と再エネ問題の争点」
福島伸享・元衆議院議員
山口雅之・全国再エネ問題連絡会共同代表 函南町軽井沢メガソーラーを考える会共同代表
<司会>石川和男・社会保障経済研究所代表(経済産業省アドバイザー)


料 金
①一般参加者:5500円、②EFオンライン会員、ENN会員:無料

定 員
200人

申込方法
①一般参加者:下部ボタン「お申し込み(決済へ)」から申し込みください。開催前日までに詳細をメールで送付致します。②EFオンライン会員、ENN会員:手続き不要です。会員向けメールにてZOOMURLを配信します。

備 考
【注意】EFオンライン会員、ENN会員の方は下部の「お申し込み(決済へ)」から手続きを行わないでください。
「お申し込み(決済へ)」は①一般参加者向けの申し込みサイトにリンクしています。手続きをされた場合、キャンセルは受け付けません。参加料5500円(税込み)をお支払い頂きます。

セミナー

お問い合わせ