EUタクソノミー巡り覇権争う独仏


【ワールドワイド/コラム】水上裕康 ヒロ・ミズカミ代表

欧州グリーンディール実現に向け、持続可能な事業に投資先としてのお墨付きを与えることを目的に公表された「タクソノミー」だが、発電分野ではフランスなどが推す原子力、ドイツなど石炭依存の高い国が期待するガス火力、そして森林資源豊富な北欧が求めるバイオの扱いについて大いにもめた。デンマークなど風力などに恵まCれた国々はいずれにも反対。そして原子力反対はドイツが主導する。わが国では「EUは再生可能エネルギー推進」とひとくくりに報道されるが、各国は多様なエネルギー事情を背景に資金の確保に向けて激しく闘っている。4月にバイオは承認されたが、原子力とガス火力は議論が続いている。EUの歴史は、独仏が2度の大戦で争ったエネルギーの共同管理から始まった。両国は今日も欧州の覇権をかけてエネルギー分野で争っているが、対立を調整し「大欧州」として世界に影響力を維持することこそEUの原点だ。これだけのバトルを経て作られるルールだから例外は許されない。生半可な見識で外から議論を仕掛ければ袋だたきに遭うのは当然だ。

フランスに原子力が不可欠なのは当然だが、ドイツが天然ガスにこだわるのは、原子力(発電量の1割)と石炭(同3割)の全廃がいかに大事業かということだろう。安定電源を喪失する上、増え続ける再エネの調整力を確保するのは容易ではない。最近メルケル首相の行動で感心したことが二つ。2038年の石炭火力廃止の前倒しを求める声に対し、「関係者には計画への信頼が必要」と昨年7月の決定を変更することを拒否。また、ロシアからの天然ガスパイプライン「ノルドストリーム2」で反対する米国と手打ちを済ませた。何を守るべきかを理解して前に進むのが大政治家たる所以だろう。

【電力】裏付けは希薄 柔軟性重視の主張


【業界スクランブル/電力】

 再生可能エネルギー規制総点検タスクフォースが、7月30日の総合エネルギー資源調査会基本政策分科会に提出した資料の中に「再エネ最優先の観点からも重要なのが、電力システムの設計思想をベースロード重視から柔軟性重視に転換すること」とあった。

言うまでもないが、同時同量の制約がある電力システムにとって、柔軟性すなわちシステムとして柔軟な需給調整能力を備えることは必須である。かつては発電設備の出力調整にもっぱら依存していたが、最近は需要側を含めて多様な柔軟性提供源が実装または構想されている。そして、再エネ導入が進むと柔軟性が重要さを増すのは、再エネに自然変動性があるからだ。

従来型電源よりも使い勝手が悪い自然変動電源をあえて活用することは、当たり前の話だが、それがシステム全体としてメリットがあるときに正当化される。追加的に必要になる柔軟性も考慮した上で、経済的である必要がある。シンプルに言えば、再エネの均等化発電原価(LCOE)が従来型電源の限界費用よりも安かったら、従来型電源の出力を下げて再エネを優先的に使うことが正当化される。さらに安くなれば、蓄電池に貯蔵する、水素を製造するなどコストがかさむ柔軟性技術の実装も正当化され、再エネ大量導入の道が開ける。

世界的には再エネがその水準を達成しつつある国・地域がある一方、日本の再エネは高いままだ。だから、さらにコストをかけてグリーン水素、グリーンアンモニアを輸入、活用することも正当化される可能性があり、石炭火力を含む既存の火力発電所でそれらグリーン燃料をたくことが構想されている。そして原子力だが、一定量コンスタントにCO2フリーの電気を生産する脱炭素化手段として意義は当然にある。

冒頭の文章、石炭火力と原子力への敵意が背景にあると邪推しているのであるが、そもそも再エネのLCOEが劇的に安くなってこそ、柔軟性向上に資源を大量に投入することが正当化される。その見通しを示すことがまずは肝要だろう。 (T)

欧州委員会の包括パッケージ コスト上昇に加盟国が懸念


【ワールドワイド/環境】

7月14日、欧州委員会は欧州グリーンディールを実施するための包括パッケージ「Fit for 55」を発表した。欧州委員会は2019年12月に50年カーボンニュートラルを実現するための欧州グリーンディールを発表し、20年12月に30年の削減目標を1990年比マイナス55%に引き上げることを決定した。提案は30年目標を達成するための具体的な政策パッケージを提示するものであり、その主な内容は次の通りである。

①35年にガソリン・ディーゼル車の生産・販売を実質禁止、②国境炭素調整措置を創設、EU—ETS(EU域内排出量取引制度)を海運業にも拡大、③道路交通、ビルを対象にした新たな排出量取引制度の創設、④再エネ普及目標を32%から40%に引き上げ(最終エネルギー消費比)、⑤省エネ目標を36~39%に引き上げ(ベースライン比、現行32.5%)、⑥航空燃料を対象にエネルギー税を改正、⑦炭素価格上昇に伴う弱者への救済基金設置―。

これらの施策は野心的であると同時に域内の国民、産業に大きなコストを強いることを意味する。このため包括パッケージには26人の欧州委員の3分の1が反対もしくは慎重な姿勢を示しており、加盟国の中からもフランス、スペイン、イタリア、ハンガリーなどがエネルギーコスト上昇に強い懸念を表明している。フランス出身の欧州議会環境委員会のパスカル・カンファン議員は「排出量取引を道路や建物に広げることは政治的自殺行為」と述べている。炭素税引き上げに伴う燃料価格上昇に反発したイエローベスト運動の苦い記憶があるのだろう。

35年のガソリン・ディーゼル車の生産・販売禁止については、ドイツ自動車工業会が「アンチイノベーションの考え方であり、消費者の選択の自由を阻害するものである」として慎重なコメントをしている。ビジネスヨーロッパは包括案を総論としては歓迎しつつも、国境調整措置と引き換えにEU—ETSの無償配賦措置が36年までに終了すること、輸出品に対する還付措置が盛り込まれていないことに懸念を表明している。

このようにマイナス55%目標達成のための包括パッケージについては加盟国、産業界からさまざまな反応が出されている。あくまで欧州委員会の提案段階であり、今後、加盟国、関連産業との間で調整が本格化されることになろう。

(有馬 純/東京大学公共政策大学院特任教授)

政府の気候変動委員会 電力設備への影響を重視


【ワールドワイド/経営】

英国政府の諮問機関である気候変動委員会(CCC)は毎年、脱炭素化の進捗状況をまとめた報告書を公開している。6月公開の報告書では、前年からのコロナ禍の状況分析に加え、異常気象など気候変動リスクへの対応を取りまとめ、200以上の具体的な方策を提言した。電力部門では、脱炭素化の進展、洪水対策などの取り組みが高評価されたが、今後はこれらに加え、建物(暖房)や運輸の電化を通じた脱炭素化を重要な課題として取り上げている。

CCCが優先事項に位置付けているのは、気候変動が発・送・配電設備に与える影響の緩和である。まず、2019年の報告書で指摘した洪水対策について、必要な主要変電所の9割が本年末までに対策を完了する見通しであることや、23年まで1億7200万ポンドの洪水対策費用が計上されていることを評価した。一方、19年の落雷を発端とした大停電を引き合いに、一部のトラブルが連鎖的に波及する電力部門のリスクの特性に触れ、今後他セクターの電化が進むにつれ影響範囲は広くなると指摘した。また、今後の気温上昇に比例して気候変動リスクにさらされる設備が増加するという研究を紹介し、対策強化に向けた事業者による基準・規則の整備が重要としている。

20年の電力部門では、コロナ禍により需要が前年比5%減少し、再エネを中心に低炭素電源の発電量が5%増加したことから、同部門からの排出量は同15%減、CO2排出原単位も同10%減のkW時当たり182gとなった。一方、近年上昇傾向にある需給調整費用は前年比1.5倍、系統混雑時の再エネ発電抑制費用は2倍となっており、系統運用上の課題が改めて浮き彫りになっている。

CCCは、50年の脱炭素化には、電力の排出原単位を30年までに50g、35年までに10gにする必要があるとして、供給サイドはもちろんのこと、ヒートポンプや電気自動車(EV)導入による需要側の柔軟性向上が欠かせないと指摘する。最近は、バッテリー価格の下落を背景にEVの販売台数が増加し、充電インフラの整備も進んでいるものの、EVへの転換が都市部に集中していることから、政策面での工夫を求めた。また建物の脱炭素化には、ヒートポンプなどの導入や都市部の熱供給ネットワークの整備に向けた財政支援を課題とした。今後は財務省の全面的な資金支援を後ろ盾にした積極的な脱炭素化戦略の策定が必要であるとして、11月に開催されるCOP26までに包括的な戦略を固めることを政府に求めている。

(宮岡 秀知/海外電力調査会調査第一部)

大規模油田の開発オペレーター メキシコ国営会社を選定


【ワールドワイド/資源】

メキシコのエネルギー省は7月、カンペチェ湾に位置するZama油田開発のオペレーターに国営石油会社ぺメックスを選定した。Zama油田は、Talos Energy(米)/Harbour Energy(英)/Sierra Oil and Gas(墨)からなるコンソーシアムが、2015年に実施された鉱区入札で落札したエリア7で17年に発見した。約80年間で初のぺメックス以外の企業によるメキシコでの油田発見であり、可採埋蔵量は石油換算で6億7000万バレルとされている。油層が隣接するぺメックスのAE-0152-Uchukil鉱区にまで広がっていたため、共同開発を行うこととなったが、権益比率やどちらがオペレーターを務めるかについて政府が決定することとなっていた。

メキシコでは、18年12月に発足したロペス・オブラドール政権が、ペニャ・ニエト前政権下で実施されたエネルギー改革を逆行させ、ぺメックスや連邦電力委員会を強化し、エネルギー市場への外資の参入を制限する政策を推し進めている。ロペス・オブラドール大統領は、21年6月に実施された中間選挙により、下院で与党連合が憲法改正に必要な3分の2以上の議席を獲得し、憲法改正を伴う抜本的な改革を行うことを計画していた。しかし、必要な議席を得られず、憲法改正は難しくなり石油業界に安堵感が広がっていた。

ぺメックスは1000億ドルを超える負債を抱え、政府からも2021年に35億ドルの減税や最大16億ドルの資金投入など支援を受けているが、この程度の金融支援では、インフラの制約や経営不振という根本的な問題に対処できないとみられている。また深海で油田開発を行う技術を持ち合わせておらず、水深110m以深の開発を行った経験がないが、Zama油田は水深168mの海域に位置している。資金面、技術面で問題を抱えるぺメックスがこれを開発できるのか疑問視されている。

さらに、今回の決定はZama油田だけの問題ではない。メキシコの石油生産量は日量170万バレル弱である。内訳を見てみると、ぺメックスの生産量は日量160万バレル台で増減を繰り返しているのに対し、外国石油会社などぺメックス以外の企業の生産量は日量5万バレル程度と少ないものの、確実に増加している。

メキシコで油・ガス田を発見しても自らオペレーターとなって開発を行えなくなる可能性があるとなれば、石油生産増の鍵を握る国際石油企業の探鉱、投資意欲を失わせることもあり、懸念される。

(舩木弥和子/石油天然ガス・金属鉱物資源機構)

情報を正確に伝えているか コロナ禍で混乱あおるTBS


【おやおやマスコミ】井川陽次郎/工房YOIKA代表

 信頼失墜が指摘される報道関係者への警告に思えた。「情報を正確に判断し、factとopinionを見極める力が問われる」。実は、大学入試センターが今年6月にまとめた報告書にある記述だ。むろん情報を見極める能力が問われているのは受験生である。

報告書は、今年1月に初実施された大学入学共通テストの結果を評価するために作成された。問題の記述は、英語(リーディング)科目の項目にある。

従前の入試センター試験から衣替えし、英語科目は長文を大量に読ませて内容を問う形式になった。新たな試みの一つが、ある文章が事実(fact)について述べたものか誰かの意見(opinion)なのかを答えさせる問題だ。

例えば、警察のデータで夜間の犯罪被害が3倍に増えたとあれば事実である。合唱コンクールの審査員が参加団体の歌唱力は素晴らしいと評価した場合は、この審査員の意見である。

問われるのは、正確な読解力と常識、基礎学力、判断力だ。

コロナ禍を巡るTBSのNスタ8月3日「中等症では入院できない? 医療現場の前線からは憤りの声も」は共通テストの合格レベルに達していただろうか。

感染拡大を受け、前日の関係閣僚会議で菅義偉首相が「重症患者や重症化リスクの特に高い方は確実に入院していただけるよう、必要な病床を確保します。それ以外は自宅療養を基本とし、症状が悪くなればすぐ入院できる体制を整備します」と新たな対処方針を打ち出したことを報じた内容だ。

 首相が触れていない「中等症では入院できない?」の文言が画面に表示されていた。情報を正確に判断できていない。不合格。

コメンテーターの医師は「(菅義偉首相に)国を任せていては国民の命は守れません。至急ですね、お辞めになった方がいい」と声を荒げていた。冷静な報道とは言えない。やはり不合格。

当然ながら、措置が必要な中等症患者は入院させる。政府はそう説明したが、国会では与党議員からも「中等症の自宅療養」方針を撤回するよう求める声が出た。

一連の騒動は、TBS関連の毎日が8月2日夕に「中等症や軽症者は自宅療養を基本」との速報をネットで報じたことが発端だ。夜になって、ひっそり「入院患者以外は原則自宅」と修正したが、情報は独り歩きした。

修正版ネット記事の末尾に言い訳がある。「当初『中等症や軽症者に関しては自宅療養を基本とする内容』としていたのを修正しています。取材過程で、中等症の人を一律自宅療養とするわけではないことが判明したためです」。見苦しい。3日朝刊は修正版と同じ内容だが、誤報に言及はない。

 読売7月30日は「『学校に新聞』小・中とも初の5割超、文科省『全ての学校に置かれるよう促す』」と報じている。

文部科学省の調査で「新聞を置いている割合は、小学校は56.9%で前回から15.8ポイント増、中学校は56.8%で19.1ポイント増、高校は95.1%で4.1ポイント増。各校に置いている新聞の数は、小学校が平均1.6紙、中学校が2.7紙、高校が3.5紙だった」という。

文科省が新聞を推す理由は書かれていない。前提として教材に値すると見なしていることは間違いないだろう。ただし、東日本大震災後の風評被害を拡散する報道、そしてコロナ禍をあおり続けてきた報道を考えれば、批判的に活用すべき教材と言わざるを得ない。

いかわ・ようじろう  デジタルハリウッド大学大学院修了。元読売新聞論説委員。

【マーケット情報/9月10日】原油混迷、方向感を欠く値動き


【アーガスメディア=週刊原油概況】

先週の原油価格は、強弱材料が混在し、各地で方向性を欠く値動きとなった。米国原油の指標となるWTI先物と、北海原油を代表するブレント先物が小幅上昇。一方、中東原油の指標となるドバイ現物は、前週から小幅下落した。

米国メキシコ湾における生産は、12日時点で依然49%が停止。半分程度の生産設備が引き続き、ハリケーン「アイダ」の影響を受けている。石油会社Shellは、多くの買い手に対しフォースマジュールを宣言した。また、生産停止を受け、先週の国内原油在庫は減少した。

さらに、リビアでは政情不安で、一部輸出港からの出荷が停止。加えて、OPEC+の8月産油量は前月から増加したものの、増産目標には届かず。カザフスタンにおける生産設備の定修が背景にあり、欧米原油の強材料となった。

一方、中国は、原油の戦略備蓄を放出すると発表。国内の製油所などが直面する、原油等のコスト高に対応するとしている。具体的な数量や時期は明らかになっていないが、供給増加の見方が広がり、ドバイ現物の重荷となった。

また、新型コロナウイルス変異株の感染拡大で、経済の冷え込みと石油需要後退への懸念が根強い。日本では、一部地域の緊急事態宣言を、9月末まで延長。需要の弱まりを受けたアラムコは、アジア向けの10月積みターム契約価格を引き下げた。

【9月10日現在の原油相場(原油価格($/bl))】

WTI先物(NYMEX)=69.72ドル(前週比0.43高)、ブレント先物(ICE)=72.92(前週比0.31ドル)、オマーン先物(DME)=71.01ドル(前週比0.38ドル安)、ドバイ現物(Argus)=70.71ドル(前週比0.50ドル安)

【コラム/9月13日】再生可能エネルギー共同体


矢島正之/電力中央研究所名誉研究アドバイザー

わが国は、2020年10月に、2050年カーボンニュートラルを目指すことを宣言した。これを踏まえ、政府は、「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」を作成している。この「グリーン成長戦略」では、14の重要な分野ごとに高い目標を掲げた上で、現状の課題と今後の取組を明記し、予算、税、規制改革・標準化、国際連携などの政策を盛り込んだ実行計画を策定している。また、「グリーン成長戦略」は、「我が国の企業が将来に向けた投資を促し、生産性を向上させるとともに、経済社会全体の変革を後押しし、大きな成長を生み出すもの」と強調し、2兆円規模のカーボンニュートラル基金を創設すると言明している。

「グリーン成長戦略」は、エネルギー関連産業、輸送・製造関連産業、家庭・オフィス関連産業と幅広く産業をカバーしているが、市民の参加というボトムアップのアプローチが言及されていない。しかし、地域密着型の電力会社や日本型シュタットヴェルケを目指す自治体にとって、グリーン成長戦略との関連で、このようなアプローチに対しての政策支援があれば、大きなビジネスチャンスが生まれるのでないだろうか。欧州では、市民によるカーボンニュートラルへの取り組みが進展しており、今回のコラムではその動向について紹介したい。

まず、EUであるが、 2018年12月に発効した「クリーンエネルギーパッケージ」の「再生可能エネルギー指令」は、「再生可能エネルギー共同体」について、「加盟国は、最終需要家、特に家庭用需要家が、最終需要家としての権利または義務を維持しつつ、再生可能エネルギー共同体への参加を妨げるような不当なまたは差別的な条件や手続きに従うことなく、再生可能エネルギー共同体に参加する権利を有することを保証しなければならない」と規定している。これに基づき、加盟各国は、この規定についての国内法化が求められている。

同指令にいう「再生可能エネルギー共同体」とは、次のような法人と定義されている。

(1) 適用される国内法に従い、オープンで自発的な参加に基づき、自律的であり、当該法人が所有・開発する再生可能エネルギープロジェクトの近傍に所在するステークホルダーまたは構成員によって効果的に支配されていること。

(2) ステークホルダーまたは構成員が、自然人、中小企業、または自治体を含む地方公共団体であること。

(3) 金銭的な利益よりも、ステークホルダーや構成員、または事業を行う地域に対して、環境的、経済的、または社会的な利益を提供することを主な目的としていること。

 欧州では、このEU指令に先立って、「再生可能エネルギー共同体」の設立の動きがすでに散見される。ドイツでも、そのような動きがあるが、それを支えているのが、手厚い政策支援である。同国では、従来から「エネルギー効率の高い都市再開発」の立案と実施に関して、地方自治体は、KfW(ドイツ復興銀行)へ資金的支援を申請し、これが認められれば、同銀行から費用の65%の助成を受けることができる。2021年4月以降は、都市開発のテーマは拡大され、「モビリティ」、「気候保護と気候変動への適応」、「デジタル化」も含まれるようになった。また、州によっては、 助成の上乗せがある(ニーダーザクセン州では同州開発銀行により20%)。同国では、シューレスヴィッヒ・ホルシュタイン州のボルデルムで「再生可能エネルギー共同体」構想が進展している。

 また、1990年に地球温暖化防止のために行動する都市のネットワークとして設立された

気候同盟(Climate Alliance)のドイツ地域のネットワークは、Region-Nプロジェクトにより、2030年までに、地域の省エネポテンシャルを活用するとともに、再生可能エネルギー供給量を100%にし、気候保護を強化することを目指している。このような動きは、地域密着型電力供給事業者に大きなチャンスを提供するとともに、地域の活性化につながることから、わが国でも大いに参考になると思われる。

【プロフィール】国際基督教大修士卒。電力中央研究所を経て、学習院大学経済学部特別客員教授、慶應義塾大学大学院特別招聘教授などを歴任。東北電力経営アドバイザー。専門は公益事業論、電気事業経営論。著書に、「電力改革」「エネルギーセキュリティ」「電力政策再考」など。

温室効果ガスの削減 海外に目を向けて取り組みを


【オピニオン】近本一彦/日本エヌ・ユー・エス代表取締役

 2050 年カーボンニュートラル(CN)に伴うグリーン成長戦略(21年6月)に続いて次期エネルギー基本計画の素案(同年7月)が示された。これは、30年度の温室効果ガス排出量を13年度から46%削減し、さらに50%の高みを目指すためのエネルギー政策の道筋を示すものである。安全性の確保を大前提に、気候変動対策を進める中でも安定供給の確保やエネルギーコストの低減(S+3E)にも取り組むとしている。

エネルギー分野から排出される温室効果ガスは全体の8割を占めており、その削減は気候変動対策の大きな鍵となる。「エネルギーと環境を考える」を社名の枕詞に据えるコンサル会社の人間として思うことは少なくない。CNを達成するためには、脱炭素電源(再エネや原子力)の活用、炭素排出電源における炭素削減技術(水素・アンモニア発電、CO2回収・利用・貯留(CCUS))の導入など、さまざまな技術を活用していく必要がある。気候変動対策は地球規模の課題であり、国内にとどまらず広く海外に目を向け、取り組む必要がある。

原子力は実用段階にある有力な脱炭素電源である。わが国は特に原子力に対する社会受容性が厳しいが、市民の監視レベルが高いことは、国や事業者がこれまでの経験を地に足の着いた安全な原子力技術の社会実装に生かせるプラスの力と捉えることもできる。安全確保を最優先して既設炉を再稼働した後は、長期サイクル運転、40年を超える長期運転、出力増強など、諸外国で実績のある効率的な運転管理技術を検討すべきである。また、将来の電源として安全性を高めた小型モジュール炉(SMR)、水素製造を併設するわが国の高温ガス炉(HTTR)、核融合技術など、諸外国では立ち止まることなくR&Dが行われている。廃止措置、核燃料サイクル、廃棄物処分なども重要な課題である。いずれも国際的な連携の下で着実に検討を進める必要がある。弊社は、SMRの実用化に関し、HTTRおよびNuScale業務に取り組んでいる。長期的なエネルギーの安定供給に貢献すべく、産官学のさまざまな側面でこれらの課題に向き合っている。

一方、東南アジア諸国は今後も化石燃料に頼らざるを得ないことから、CCUSに対する期待が高い。21年6月、アジア全域でCCUSを活用するための産官学プラットフォーム(アジアCCUSネットワーク、ACN)が設立され、その第1回フォーラムで弊社らが遂行中のインドネシア・グンディCCSプロジェクトの取り組みを紹介した。また、東南アジアの3カ国(インドネシア、ベトナム、マレーシア)における主要なCO2排出源(火力発電所、製鉄所など)、潜在的なCO2貯留先およびガスパイプラインの位置情報などを調査・整理し、その結果を可視化するポテンシャルマップを作成した。このマップはACNのウェブサイトに公開されている。今後もASEAN地域におけるCCUSプロジェクトの展開に貢献する活動を進めていきたい。

ちかもと・かずひこ 1986年東海大学大学院工学研究科修了、日本エヌ・ユー・エス入社。2009年リスクマネジメント部門長、14年理事新ビジネス開発本部長、15年取締役、20年代表取締役社長。

電化でCO2を7割削減へ ニチガス戦略に賛否両論


脱炭素時代への対応を視野に、「脱ガス」へとかじを切り始めた大手ガス会社がある。ほかでもない、東京電力グループとの連携強化に力を入れるニチガスだ。

7月に発表した経営戦略を見ると、「2030年に向けた脱炭素への取り組み」として、電気・ガスのハイブリッド給湯器の販売促進や、電気自動車(EV)の推進と充電拠点の整備を明記。需要家宅におけるガスの消費量を半減させる一方、EV向けを含め電気の販売量を大幅に拡大することで、需要家1件当たりの年間CO2排出量を現状の平均約1万3700㎏から同4000kgへと約7割削減する方針を打ち出した。

「ここまで鮮明に電化シフトを掲げたガス会社は、まだどこにもないだろう。東京ガスや大阪ガスがメタネーションや水素などで脱炭素化に対応していくのとは一線を画す意味で注目される」。市場関係者はこう評価する。

だが、同業のガス業界からは「LPガス自動車やエネファームに見切りをつけた裏切り者」「もはや〝身内〟ではない」などの批判が聞こえる。脱ガス戦略は吉と出るか、凶と出るか。

脱炭素政策が追い詰める貧困層 欧米の実情は対岸の火事にあらず


【識者の視点】山本隆三/常葉大学名誉教授

気候変動対策強化にまい進する欧米では、エネルギー貧困問題が深刻になるとの懸念が出ている。

今後、電気料金などの上昇が待ち受ける日本にとっても、対岸の火事では済みそうにない。

地方自治体などからの依頼で、「節電、省エネ」についての講演を市民の方を対象に行うことが時々ある。対面の質疑応答の際に、「ガス代、電気代を節約するために望ましい暖房方法は」「電気代をもっと節約したいが何をすればいいか」と、電気・ガス料金に直結した質問もあった。

こうしたエネルギー価格に関心を持つ人たちも、これから脱炭素政策を進めれば価格が上昇し、生活に影響を与える可能性があることを認識されていないように思う。欧州連合(EU)では、脱炭素政策が貧困層に大きな影響を与えるのではとの疑問が出始めた。脱炭素に熱心な欧州委員会(EC)が1990年比2030年温室効果ガス55%削減実現のための法案とEU指令改正案を7月14日に発表したが、労働組合、産業界からはエネルギー価格上昇を懸念する声が出ている。

EU55%減目標の弊害 価格上昇避けられず

EC提案の中には、輸送と住宅部門を対象に現在の排出枠の取引市場とは別の新たな市場を創設する改正案が含まれている。住宅、車などの使用者に直接排出枠を割り当てるのではなく、輸送と住宅部門へ燃料供給を行っている事業者に排出枠を割り当てる新市場を25年から運用する計画だ。

欧州労働組合連合(ETUC)は運輸、住宅部門でのCO2削減が重要な課題であると理解するとしながら、新市場への影響はあまりに大きいと次の声明を出した。「新たな排出枠市場の創設は、ガソリン、軽油に課税されていたフランスの炭素税引き上げが招いた黄色ベスト運動のような市民の抵抗を欧州全土で引き起こし、環境上の効果はほとんど生み出さないだろう」

ECによると、EUには適切な暖房あるいは冷房ができないエネルギー貧困と呼ばれる世帯が5000万軒ある。低収入、高エネルギー価格、住宅の断熱効果の悪さが貧困の原因を作っている。ポーランド経済研究所は、輸送、住宅分野において排出枠取引制度を導入すれば、エネルギー貧困世帯を中心に大きな影響が生じるとの分析結果を公表している。

30年に当該部門で05年比40%削減を実現するためには、170ユーロ(現在の3倍程度)のCO2価格が必要になるが、その家計への影響額はEU27カ国で25~40年の間で1兆1120億ユーロ(約145兆円)。年間負担額の増加は、1世帯当たり輸送関連で373ユーロ(約4万8000円)、住宅関連で429ユーロ(5万6000円)になる。

EU27カ国の下位20%に属する低所得者層では、輸送関連と住宅関連支出が、それぞれ平均44%、50%増加すると予測されている。

ECは、国、世帯による収入の違いを考慮し、55%削減策により影響を受ける層への対策として加盟国が総額1444億ユーロ(約19兆円)を拠出する社会気候基金を設立するとしている。

しかし、ポーランド経済研究所はECの対策では不十分とし、冬季の気候が厳しく大きな額の燃料支出が必要で、低所得者の多い東欧諸国に対しては、財政、気候条件なども考慮した上で対策が取られるべきだと指摘している。

脱炭素を進める米国も、エネルギー貧困の問題に直面することになる。バイデン大統領は35年電源の非炭素化を目標としているが、再生可能エネルギー導入、送電網強化などの投資が必要とされており、エネルギー価格にも結果的に影響を与えることになる。米国では州による制度の違いがあり、居住地域により貧困層の受ける影響は異なる。一部の州では健康上の理由があっても、料金を支払わなければ電気が止められてしまう。

米エネルギー省のレポートによると、エネルギー貧困世帯は所得の8・6%をエネルギー購入に当てており、平均的世帯のエネルギー関連支出2・5~3%の約3倍になっている。中にはエネルギー関連支出が収入の30%にもなる貧困世帯もあるとされている。

米国と日本の世帯所得分布

米国は2019年、日本は18年のデータ
出典:統計局(米国)、厚生労働省(日本)

貧困で省エネが困難に 低所得者多い日本では

貧困世帯のエネルギー関連支出は平均的世帯より絶対額は少ないが、相対的には高くなる。その理由は、プロパンガスなど相対的に高い燃料の使用が多いこと。貧困世帯の59%は賃貸住宅に住んでおり、住宅の家主が断熱など住宅の省エネに熱心ではないこと。省エネ機器の導入を行う資金を用意できないなど、貧困ゆえに省エネ、節電対策が難しいことをエネルギー省は指摘している。そんな中で、電源の非炭素化が進むと貧困世帯はさらに電気料金の支払いができず、地域によっては熱波、寒波による健康被害を受けることになる。

日本でも再エネ導入による電気料金上昇が懸念されるが、日本と米国の世帯所得の分布を比較すると、日本の方が低所得に分布が広がっている(図)。世帯所得の中央値も日本の437万円(18年)に対し米国は6万3761ドル(約700万円、19年)。平均世帯所得は、高所得者が多い米国の9万1406ドル(約1000万円)に対し、日本は552万円だ。

電気料金上昇の影響は低所得者が多い日本の方が大きいだろう。温暖化問題も重要だが、国民の生活に与える影響も十分に考慮した上で政策を決定するべきだ。

やまもと・りゅうぞう 京都大学工学部卒業後、住友商事入社。2010年富士常葉大学総合経営学部教授、21年常葉大学名誉教授。国際環境経済研究所副理事長兼所長も務める。

スマートメーター置き換え完了 ゼロから挑んだプロジェクト秘話


【東京電力パワーグリッド/藤木武博 スマートメーター推進室 室長


ふじき・たけひろ 1990年大阪大学大学院修了、東京電力入社。同電子通信部部長代理、TEPCO光ネットワークエンジニアリング常務取締役を経て、2018年4月1日より現職。

東京電力パワーグリッドは、自社サービスエリア内の電力メーターをスマートメーターに置き換えた。

設置台数は約2840万台。わずか7年で目標を達成した陰には、さまざまな工夫と苦労がある。

 ――東京電力パワーグリッド(PG)は自社サービスエリア内でスマートメーターを2021年3月末までに約2840万台設置したと発表しました。

藤木 当社サービスエリア内では14年4月にスマートメーター1号機を設置しました。推進室自体は13年7月に立ち上がり、当初の計画は23年度中をめどに設置する計画でしたが、お客さまへのスマートメーター導入効果をより早く実現するべく、設置目標を当初計画から3年間前倒しして20年度中に変更しました。

スマートメーター取り付けの様子

――プロジェクトはどのように推移しましたか。

藤木 14、15年度はプロジェクトがスタートした当初ということもあり、当社の体制およびメーターの生産ラインも整わず、設置台数は約200万~300万台にとどまりました。16年度から18年度にかけての3カ年は単年で約600万台設置しています。

 これは16年に電力小売り全面自由化が解禁され、新電力へのスイッチングを円滑に行うためにはお客さまにスマートメーターが普及している必要があったためです。実際にスイッチング申し込みがあると、8日以内に作業をする必要があります。しかし想定以上に交換台数が多かったこともあり、一部のお客さまにご迷惑をお掛けしたこともありました。

――20年には新型コロナウイルスの感染拡大もありました。

藤木 16~18年度はハイペースに設置を行ったこともあり、19、20年度の設置台数は落ち着きました。ただ、コロナ禍の影響で中国の武漢で作っていたスマートメーター用の部品が届かず、機材不足に陥る事態も一部で起きました。

通信網も独自開発 接続率は99・9%

――電力データを送受信する通信インフラも独自に開発されました。

藤木 通信ルートには、スマートメーターで計量した電力データを送配電会社に送信するAルートと、HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)などに接続するBルートの2種類があります。

 Aルートで利用できる通信手段は①バケツリレーのようにスマートメーターやコンセントレーターを介して通信を行うマルチホップ方式、②通信事業者の回線を利用する携帯方式、③電力線で計量データを通信するPLC方式―の3種があります。当社サービスエリア内では①と②の方式を採用していて、市街地などネットワーク密度が濃い地域が①(約85%)、山間部などマルチホップで通信できない地域では②(約15%)というように使い分けています。

――どんな苦労がありましたか。

藤木 ①はコストが安いというメリットがある一方で、独自に通信網を構築する必要がありました。13年に推進室が発足してから専属の検討チームを作り、東芝と協力して、どの程度の密度なら円滑に通信を行えるのか、またデータを送信するコンセントレーターはどのように配置するのが効率的かなど、シミュレーションや試行錯誤を重ねました。

 21年3月末までに約2840万台を設置し、メーターの接続率は99・9%となるなど、非常に安定した運用ができています。プロジェクト発足当初はトラブルも多々あったので「これで大丈夫か」と心配もしましたが、原因を一つ一つ解決したことで、現在の通信品質につなげることができました。システムベンダーや計器メーカー、工事会社の皆さま、何より設置にご協力いただいたお客さまのおかげで達成できました。心から感謝しております。

スマートメーター設置台数の推移

生産性向上に工夫 価値あるものをデザイン

――通信網整備と同時に、約2840万台のスマートメーターを設置しています。設置作業で工夫はありますか。

藤木 設置年数が3年間短縮されたことで、作業の生産性をどれだけ上げられるかが重要でした。スマートメーターの交換は、現場作業だけでも1台につき10~15分かかります。工事会社の皆さまが効率良く作業できるように、移動時間が少なくなるルートを選定するなどして、できる限り負担が減るように工事会社と協調して対応しました。

 工事に関わった2000人以上の工事会社の皆さまには感謝しています。

――現在、スマートメーターの検満を見据えて、次世代スマートメーター仕様策定の議論も進んでいます。スマートメーター推進室の今後の展望は。

藤木 具体的な工程はまだ決まっていませんが、次世代スマートメーターの更新計画も推進室が担当します。メーターは一度設置すれば10年間使われる機器です。お客さまと事業者の双方にとって使いやすいものでなければなりません。価値があって使いやすいものをデザインしたいと思います。

廃炉に伴う放射性廃棄物 リサイクルで有効活用


経済産業省は、原子力発電所の廃炉で出る蒸気発生器など大型の放射性廃棄物を、リサイクル資源として海外に輸出することの検討を始める。

現在、放射性廃棄物の輸出は原則として禁止されている、しかし、欧米では既に例があり、除染などの処理をされた後、リサイクルされて有効に利用されている。

原発に使用される機器には、非常に材質の良い合金などが使われる。そのためリサイクル資源として有用。例えばスウェーデンのCyclife Sweden社は、1990年代から各国からBWR(沸騰水型炉)のタービン、ボイラー、蒸気発生器、熱交換器などを受け入れて再利用している。

重さ310t、体積430㎥の蒸気発生器を処理すると、約2

45tが再利用され、残りの約65tが放射性廃棄物となる。廃棄物の体積は36㎥と10分の1以下に減容される。

経産省は、蒸気発生器、給水加熱器、輸送・貯蔵用キャスクを対象にするもよう。本来ならば貴重なリサイクル資源として国内で利用されるべきだが、「風評被害を恐れて、国内では引き受ける鉄鋼会社がない」(電力業界関係者)という。

2021年は「脱炭素住宅元年」 次世代社会の担い手の意識を


【業界紙の目】若林利通/新建新聞社 記者

民間では高性能住宅の標準化などが進み、政策面では住宅への省エネ基準義務化も決まった。

2030年度46%減目標のハードルは高いが、官民一体で脱炭素社会を構築する時が迫っている。

 住宅業界ではHEAT20(2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会)の断熱基準・G2以上の住宅を提案・建築できる工務店・設計事務所が増えている。技術面から脱炭素社会を担うベースはできつつあるが、工務店の意識は脱炭素加速派2割、反対派2割、残りは様子見といった状況にある。

住宅の脱炭素施策はこれまで、省エネ基準の説明義務化にとどまっていた。しかし内閣府の「再生可能エネルギー等に関する規制等の総点検タスクフォース(TF)」での東京大学大学院前准教授のプレゼンを受け、同TFを所轄する河野太郎行政改革担当相が国土交通省の脱炭素施策に疑問を呈したことで、流れが変わった。

25年度に省エネ基準義務化へ 家庭部門6割減と整合するか

まず、住宅施策の大本の「住宅生活基本計画」に50年カーボンニュートラルの目標実現のためのロードマップ作成が盛り込まれた。さらに国交省・経済産業省・環境省合同で通称「脱炭素住宅あり方検討会」が開催され、その取りまとめ案で省エネ基準適合義務化と省エネ性能表示制度の導入が示され、この2点については実施が既定路線となった。

7月20日に示された「あり方検討会」の取りまとめ案では、中長期的に50年の目標を新たに「ZEH・ZEB(ネットゼロエネルギーハウス・ビル)基準の省エネ性能を有するストックの蓄積」と記載された一方、30年目標では「新築の住宅・建築物については平均でZEH・ZEBの実現を目指す」と従来案のままとなった。ZEHについては「再生可能エネルギーを考慮しない」「外皮性能と設計一次エネルギー消費量20%削減」(BEI・省エネ性能指標=0・8)のみが明記され、「創エネ抜きのZEH」にとどまった。

既定路線となった省エネ基準適合義務化では、現行の省エネ基準を義務化の水準とする方針で、25年度の実施が盛り込まれた。先駆けて23年度から補助事業や住宅ローン・フラット35で適合を要件化するとしている。

ただし、現行省エネ基準の義務化だけでは中長期目標の達成は不可能なため、誘導基準や長期優良住宅認定基準などの引き上げを経て「遅くとも30年度、誘導基準への適合義務化が8割を超えた時点」でZEH水準に引き上げる考えが示された。既に長期優良住宅は別途検討が始まっており、住宅性能表示制度でもZEH水準の上位等級が創設される見通しだ。

このように「最上位の省エネ水準はZEH」とする3省の取りまとめ案に対し、検討委員会委員の竹内昌義・東北芸術工科大学教授らは、ZEH水準を上回るHEAT20・G2の必要性を訴えている。この指摘については、HEAT20に基づく独自制度を推進する鳥取県の平井伸治知事も「決して高い目標ではない」と支持しているが、3省としては「寒冷地と温暖地では断熱性能の確保によるエネルギー消費量の削減効果に差異が大きい」ことを理由にZEH水準を上限としたい考えだ。

また、太陽光発電については義務化ではなく、「50年において設置が合理的な住宅・建築物には太陽光発電設備が設置されていることが一般的となること」とあいまいな目標だったが、8月10日には指摘を受けて「新築戸建住宅の6割に太陽光発電設備が設置されること」が追加された。

取りまとめ案に沿って対策を進めた場合、50年には住宅ストックの8割近くがBEI=1・0以下(平均0・9程度)になると試算され、住宅対策のエネルギー消費削減量は原油換算で344万klを見込む(再エネを除く)。そのうち新築は着工減の影響などを考慮した結果、現行の地球温暖化対策計画(314万kl)から253万klまでダウンした。

一方、改修による削減量を現行計画の43万klから91万klに積み増すことでバランスを取った形に。ただ、既存住宅の省エネ改修はハードルが高く、ストックの推移、削減量の積み増しともに計画通りに進むのかは疑問が残る。

また、温暖化ガス30年46%削減目標を踏まえた第六次エネルギー基本計画の素案では、30年度に家庭部門のCO2排出量を、13年度比66%減の約7000万tまで削減する目標が掲げられた。しかし7月20日の検討会の取りまとめ案のままでは「66%削減」は不可能な数字で、施策の整合性をさらに追求していく必要がある。

今後については、エネルギー基本計画素案とあり方検討会取りまとめ案、同TFなどの議論を踏まえながら、国交省の社会資本整備審議会で施策内容が議論される予定だ。

脱炭素の鍵握る住宅分野 長野県が先進的取り組み

脱炭素社会を目指す先進的なシナリオとして紹介したいのは長野県の事例だ。

長野県は、建物に関して30年に全ての新築建築物(年間住宅1万2000戸・ビルなど1000棟見込み)でZEH・ZEB化を描いており、その実現に向けた具体策として「仮称・信州型健康ゼロエネ住宅」の普及を目指している。

仙台駅東口に今年完成した木造ビル

このほど示された指針の基準案では、外皮性能についてはZEH、ZEH+、HEAT20・G3の三つの基準があり、基準には外皮性能だけでなく、自然エネルギーや建産材の活用、耐震性の確保、長寿命化、パッシブデザインの採用などの条件が盛り込まれているのが特長だ。構想では50年に新築でパッシブハウス(ドイツパッシブハウス研究所の規定基準を満たす省エネ住宅)相当、既存住宅で省エネ基準を上回る性能へのリフォームを目指している。

国連のIPCC(気候変動に関する政府間パネル)が8月9日に公表した報告書では、「地球温暖化による世界の気温上昇幅は産業革命前と比べ21~40年の間に1・5℃を超える可能性が高い」という。温度上昇で予想される極端な高温や大雨で被災する人の多くは社会的な弱者だ。脱炭素社会を一刻も早く実現するために、官民一体となった適切な目標設定と、実現に向けた具体策を期待したい。

〈新建ハウジング〉〇1995年3月創刊〇発行部数:1万8000部〇読者層:工務店・住宅会社、建材メーカー・販売、建築設計事務所など

石炭価格高騰が影響か BL市場約定量が大幅減


ベースロード(BL)市場の2021年度(22年度受け渡し分)第1回オークションが、7月30日に実施された。1kW時当たりの約定価格は、北海道、東日本、西日本のいずれのエリアも、昨年度1回目よりも約3円上昇。約定量は3億4000万kW時と、同約65%減少した。

20年度冬にスポット市場の高騰を経験し、新電力の価格ヘッジへのニーズは高まっている。実際、買い手事業者は45件から69件に増え、売り入札も10%増加した。それにもかかわらず取引が低調に終わったのは、売り手が提示した価格が高く、買い手の期待通りではなかったから。

その背景にあるのは石炭をはじめとする燃料費の高騰だ。ある新電力幹部は、「燃料相場を踏まえ、売り手と買い手の双方が合理的な行動を取れば約定しないのは当然だ」と、受け渡し期間を通じて燃料費を固定している現行制度の見直しの必要性を強調する。

資源エネルギー庁は、「約定量が少なかった要因は今後調べていく。残り3回の結果も踏まえ、さらなる市場活性化に向けた手立てを講じていきたい」としている。