再エネ開発を巡る「うわさの現場」 住民・企業・環境との共生を探る

2020年11月3日

太陽光などの再生可能エネルギーが、国の電源政策の中核に位置付けられようとしている。しかし開発現場では、地元との間で数々の問題が……。現地取材から「地域共生」の在り方を探る。 再生可能エネルギーは、自然由来のエネルギー源をベースにしている地球環境に優しい電源だ。温暖化を防止する脱炭素政策に資するからこそ、国は「再エネ主力電源化」政策をぶち上げ、実質的な国民負担を求めるFIT制度の下で
この記事は有料記事です。
続きを読むには...

既存ユーザのログイン

1   +   3   =