【特集2まとめ】分散型ミックス時代の潮流 コージェネ~再エネを最大活用へ

2024年7月3日

火力発電を中心とした大規模電源によって、これまで電力の需給バランスの安定化が図られていた。しかし、火力事業の見通しが立ちにくくなるなか、分散型電源の重要性がクローズアップされている。コージェネ、再エネ、蓄電池、VPP―。DXの進展が分散型ミックスを後押しする。多様なリソースの最適運用を目指す取り組みを追った。

【アウトライン】多彩な地域エネ資源で脱炭素化 防災力向上と経済振興にも貢献

【座談会】期待高まる分散型エネ資源 重要視される市場の制度設計

【レポート】地域熱供給でロードマップ策定3本柱で新たな街づくりに挑む

【レポート】天神中心地の新ランドマークへ 大型複合ビルにコージェネを導入

【レポート】ごみ発電で地産地消電力を拡大 全国の循環型社会づくりを後押し

【レポート】廿日市市へ特定送配で電力供給 LNG基地の設備運用を改善

【レポート】空気の力で電力需給ニーズに対応 LNG冷熱利用で効率化目指す

【レポート】日立製作所と巧みな連携プレー実現 複数事業所のエネ共同利用を最適化

【レポート】脱炭素化に向けてエネ全体を最適化 コージェネなどの設備をAI制御

【レポート】分散する蓄電所をデジタルで制御 再エネ支える電力インフラに育成