【特集1まとめ】電力値上げの必然性 燃料・卸市場高騰を乗り切れるか

2022年8月2日

燃料調達価格の高騰や卸電力市場価格の上昇を背景に、
新旧電力会社の料金値上げが待ったなしの情勢だ。
しかし現実は、大手電力各社の経過措置規制料金を中心に、
燃料費調整条項の上限値が設定されている影響で、
調達価格の上昇分を小売料金に反映できない状況が続く。
大手電力比での割安さを売りにする新電力も同様だ。
利用者への影響を抑えながら、収支悪化に歯止めを掛けられるのか。
調達コスト高騰にさらされるエネルギー各社の取り組みに迫った。

【アウトライン】燃料価格高騰に歴史的円安が追い打ち 岸田政権は国民生活を守り抜けるか

【レポート】大手電力10社に緊急アンケート 認可時と乖離する燃調の実情

【レポート】「規制」と「自由」の逆転現象 新電力が直面する料金戦略の難局

【レポート】東ガスが原調上限を引き上げ 対応分かれる都市ガス業界

【インタビュー】電気料金はマクロ政策で重要な位置づけ 社会に受容される見直し必要

【インタビュー】電気事業の正常化に欠かせず 燃料費転嫁と固定料金プラン