【特集3まとめ】国産技術で挑む水素社会 脱炭素へ広がる可能性


燃料電池や水素ステーション、水素発電など
将来の水素エネルギー社会の礎を築くべく、
さまざまな分野で最先端の技術開発が行われている。
菅政権のカーボンニュートラル宣言を背景に
国産技術による水素社会の早期実現に期待が掛かる。

【レポート】国内外の脱炭素化で脚光 異業種連携と利用拡大が加速

【座談会】エネルギー大転換時代の息吹 需要拡大で水素化の道開く

【インタビュー】浪江」で目指す社会実装 技術集積で地産地消実現へ

【レポート】グリーン水素で豪州企業と連携 大規模サプライチェーンを構築へ

【レポート】

 【ENEOS】JERAと連携し拠点開設 用途拡大へ広がる戦略

 【三菱化工機新たな技術開発を推進 未利用資源の活用にも期待

 【タツノ】安全に素早く正確な充塡 信頼の技術で世界トップ目指す

 【日本環境技研】自治体イベント通じFCVのポテンシャル探る

【レポート】革新的技術で脱炭素社会へ挑戦 メタネーションの研究開発を促進

【トピック】第7世代エネファームが登場 無線通信で災害対策機能を拡充

【特集2まとめ】 原子力リバイバルプラン


菅義偉首相が宣言した2050年カーボンニュートラル。
実現に向け再生可能エネルギーに期待がかかるが、
不安定性や日本の地理的条件、高コストなどの難題が横たわる。
一方、同じゼロエミッション電源である原子力発電。
福島事故の教訓を踏まえ安全性をより高めたことで、
現実的な選択肢として着実に支持が増えている。

掲載ページはこちら

【レポート】2050年の電源構成を予測 再エネと共に原子力が不可決

【座談会】再生可能エネルギーと原子力 「大きな壁」をどう乗り越えるか

【レポート】「世界は脱原発」は本当か 気候変動対策で高まる存在感
新増設を促す市場の設計や資金調達の枠組みが必要に

【レポート】「福島事故」後に高まる安全性 放射性物質放出に抑制目標値

【特集1まとめ】カーボンゼロの衝撃 百家争鳴の業界事情を探る


欧州を震源地とした世界的な「脱炭素化」のうねりに、日本も飲み込まれた。
政府はカーボンニュートラル(実質ゼロ)に向け「グリーン成長戦略」を策定し、
これまで随所で掲げてきた「経済と環境の好循環」を改めて旗印に立てた。
電力、ガス、石油などのエネルギー企業はいよいよ本格的なビジネス転換を迫られる。
その一方で、業種業態によって実質ゼロ政策に対する温度差も浮き彫りに。
「脱炭素」を積極的に取り込み、業界・企業の成長に結び付けることができるのか。

掲載ページはこちら

【レポート】迫られるエネ産業の構造転換 道のり険しく業界別に温度差

【アンケート】「実質ゼロ」は夢物語なのか? 業界関係者が語る本音の話